鼻整形で憧れに一歩前進しましょう|メリハリのある顔

最近、人気のある施術

美容整形

近年、鼻の形が気に入らないと鼻整形を行う方が増えています。鼻というのは、人と喋る時に一番目に付く部位でもあります。そのため、鼻に強いコンプレックスがあるために、目を見て話すことができない方もいるのです。そんなコンプレックスを抱える人のために、美容クリニックでは数多くの鼻整形施術が有ります。なかでも鼻を小さくしたい、小鼻の広がりが気になる人に人気なのが、小鼻縮小術です。小鼻縮小術というのは、簡単に言うと、小鼻の一部を切除して縫い合わせる施術です。小鼻を切除する量は、患者の鼻の希望の大きさに応じてバランスを見ながら切除します。そのため、整形したことが判らないくらいに自然な仕上がりになります。小鼻縮小術の一番の利点は、全く傷痕が分らないことです。というのも、メスを入れる箇所は、鼻の根元の赤みを帯びている部分だからです。赤みとメスを入れた傷が同化することで、見た目に全く傷跡だと認識できないです。そして、小鼻を切ることで、半永久的に小鼻が小さくなる効果が持続します。そのため、施術時の痛さと費用に目をつぶれば、今後、鼻にコンプレックスを感じなくなります。鼻に自信がない人には有効な鼻整形といえます。

小鼻縮小術は、小鼻の大きさに悩んでいる人に有効的な鼻整形です。とても人気がありますが、ただ1つダウンタイムが存在することを認識する必要があります。ダウンタイムというのは、完全に傷が治って回復するまでの時間のことを言います。小鼻縮小術では、まず術後に患部の腫れ、むくみ、内出血などのダウンタイムがあります。また、施術後には痛みもしばらく続くことがあります。術後のダウンタイムを短くするには、生活習慣でいくつかの注意点があります。まず、なるばく酒やタバコなどを控えることが大事です。というのも、アルコールやタバコには、体内の血行不良を起こす作用があるからです。そのため、血行が滞ることで、施術をした患部がさらにむくんでしまう原因になります。その他の注意点は、お風呂や洗顔の際には鼻の傷口に水を触れさせないことです。水に触れると、傷口から雑菌が入って炎症を起こす恐れがあります。なので、洗顔時には十分な注意が必要です。それと、日常生活においては、長時間のメガネの使用、うつ伏せで寝ることは避けたほうが良いです。また、くしゃみなどで鼻を強く押さえる行為も禁止です。鼻を圧迫することで、患部の治りが遅くなってしまいます。術後はこれらの点に気をつけることで、治療の治りが早くなり化粧なども利用しやすくなるでしょう。